車載用ヘッドアップディスプレイ

製品の特徴

素早く情報を認知

車載用ヘッドアップディスプレイとは、前方視界に虚像を遠方表示させることにより運転中の視線移動を最小限にすることで、より早く情報を認知できるシステムです。

原理

表示器の映像を運転席前のコンバイナもしくはフロントウィンドウに反射させて虚像として映し出します。

技術

自動調光技術
前方視界に表示されるため、昼間の明るい景色からトンネル内の暗い輝度まで様々な外部環境に応じた輝度調整が必要となります。
表示デザイン技術
ドライバーに直感的に情報を理解してもらうためには、表示は判りやすい形、大きさ、色にするなど、人間工学に基づいたデザイン技術が必要です。
光学設計技術
光学ミラーには歪みのない表示像を映し出すために精密さが要求されます。そこで光学設計技術が必要となります。それらを日本精機の技術提供により実現しています。
製品製品 車載用メーター 車載用ヘッドアップディスプレイ

製品